読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【oras】chalk派生シャロボルト【2回カマル】

ダブル

この記事は反省として見返すために書いているので結構雑だったり、日記だったりします。
また、低れーと欠陥構築だったりします。

 

 

第2回カマルオフ
予選4-3(前1-2/後3-1).3すくみからオポネントで抜け
決勝T1回戦負けベスト16

 

第2回もらいび杯

予選2-1(2位)予選落ち

 


~パーティ~

※()内はもらいび杯時の変更点

ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
ボルトロス威張る電磁波残飯(→盆)
pic0  
 
霊獣ランドロス地震守る(→叩き)鉢巻
pic1  
 
クレセリアキネ めいそう 月光れいび盆(→アッキ)
pic2  
 
ヒードラン熱風ラスカ大地守るシュカ
pic3  
 
メガガルーラすてけたれんち守る 
  
 
ジャローダリフスト胃液(→リフレク)守るゴツメ
pic5  
 
 

 

 

 


~個体乾燥~

 

ボルトロス(8/8)

間違いなく今回のMVP
威張る電磁波・・・全試合出場・・・あっ
しゃでの時はロトムだったが、予選の全試合で打った鬼火の命中率が64%(9/16)だったので流石に代えた、A0だったのに。
s操作とワンちゃん生むぽけとして採用。
この型はレートを始めたbw2の時からずっと使っている型。
好きなポケモンというよりは相棒か。

特殊が出てきたら「サイクル負担かけられ後手に回るよりはマシ」と思い、二拍一礼して威張る。
このポケモンを使っていると「威張る電磁波で止まる」という思考停止的な考えになってしまい立ち回りの成長のためにしゃでではパーティから外した。
復帰戦はこちらの威張るで3連自傷を弾きまくるなど、かなり高い意識を見せてくれた。
めざ氷は警戒されるかと思い、いきなり氷を打たずに横に威張ってから警戒を和らげてから打つようにした。
よく通りった。
なおチョッキ。
守る挑発身代わりもほしいからこいつだけ7スロにならないかの #屑

こいつのお蔭で予選を抜けられたのは間違いないのが、先述の通りプレイイヌグの成長の妨げになることがあるので次のぱーてぃで使うか迷っている。

 

ランドロス(8/8)

襷は発動場面こそ少ないものの、弱い相手前でも強く動けるというメリットはあるが、正直ほかの方が強いのかもしれない。
とはいいつつも、全試合出場しよく仕事してくれたと思う。

 

クレセリア(3/8)

しゃでの時と同じ型。
出場回数は少ないものの、出た試合はすべて勝っているあたり性能の高さがわかる。
違う型にしようとしたが結局使ったのは僕になじむ型、というのもあるが乱数がなぜか失敗しまくり間に合わなかった;
予選抜けわんちゃんのかかった試合では、正直こいつのお蔭だった #運勝ち要素の方が大きかった

 


ヒードラン(2/8)

シュカは不慮の事故を防ぐ保険のような意味合いもある。
めざ氷がないのは乱数が(ry よりありあわせ。
しゃでの時はアローだったが、今回はマーク不問なので過去の乱数産ドランを使用。
思ったより火力があって強かった。
ドラン持ってない事を理由のアローは甘え。

 

ガルーラ(5/8)

「夏は ガルモン!」
「秋も ガルモン!」
 強い。

ほのんち→レンチ は
「桁繰りとの範囲が良くない」
「全てをガルーラに任せない方がいい」
というアドバイスを頂いた結果使いやすくなった。
ただ、ねこふいもほしいので、こいつは6スロにしてください #おんなじこと繰り返すな

 


ジャローダ(6/8)

しゃでの時はバレルだった。
ただ、バレルというポケモンが強すぎて雑に扱ってしまい、ただのクッションとなり自慢の胞子が打つ余裕がなく、胞子を別の技に変えてまわしていたこともよくあった。
また、選出の苦手な僕は「あんま刺さってないかもしれないがなんかいけそう」とか言って腐ることが多かった。

そこで、ボル ラン ガル ズキン ドランに強いhdブシンを投入。
しかし、耐久火力共に少し足りなかったこと、パーティで水の通りが良すぎたことを理由に解雇。

重かった高耐久水への対策を考えていた時に思いついたのがこの蛇姫。
「物は試し」と思い使ってみると、思ってるよい少しある耐久、思ってるより少しある火力、何より
「相手に刺さってるか刺さっていないか一目瞭然」(苦手な選出が楽になる)
で案外よかった。
また、積めればクレセも飛ばせるらしい(しゅごい)
ゴツメは余っていたので何となく使ったが、発動機械はわりに多かった。
めざ地と氷で迷ったが、マンダはボルトでどうにかしようと思い地面に。
予選にマンダいなくてよかった。
ラス枠いえきは、正直打つ機会ないだろうと思っていた。
蛇にらみもいいかもしれないがそれはボルトいるし、何よりロマンを感じた。
実際何回かスキン系を溶かしたりしたような。


(括弧内・選出回数/試合数)
ボルランジャロガルっていう出し方が多かったのは意外。

 

※追記(もらいび杯時の変更について)

ボルトにお盆を回すことでより安定して役割が推敲できるようになった。

アッキクレセは猫や雪崩や自分のガルーラのけたぐりけら起点を作れ、要塞エースとしてさらに恐ろしさを増して、使用感はとても良かった。

陽気鉢巻ランドは打ち分けられない割に火力が微妙に感じたのと、速いガルと多く当たったイメージなので陽気の意味も怪しい。

ジャロはエースになれないときでもクレセのサポートに回れるリフレクは強いと感じた。

 

すごくいい経験になり楽しかったです、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

~日記~


前日から回していたが、どうも使いこなせていなかったので早起きし朝レートするも、最初の挨拶通り鍵に威張り殺され穏やかでない心のまま先輩方と会場へ向かう。
はるとさんのツイートのお陰で迷わなくて済んだよかった。

組み分けテストは33点でgに。
ここから予選だがパーティを公開していない人も多いので詳しくは書かない方向で。


午前。
相性の悪いパーティにあたるのは仕方がないとして、プレミしまくったが威張る電磁波がうまくかみ合い何とか1勝をもぎ取る #クソ

午後。
補助技に操られ思うように動かせない試合もあったが、かなり自覚を見せてくれたのにもかかわらず最後にプレミをし負け。
すごく悔しかった。
1戦残し3-3でそこそこ負けていたから予選抜けは多分ないが、僕の今回のオフの目標3勝は達成し内心喜んでいた。
しかし、最終戦勝ったら抜けワンちゃん出てくると聞き、生涯通じて全てが僕に掛かっている背負った試合は全競技通じて初めてだったので正直緊張した。
試合はクレセの処理が甘そうだったのでクレセボルトで詰めていき、最後は華麗にかわして勝ち #最後まで運ゲー
結局2位の枠を4人の4-3で争うことになったがオポネントで抜けれたらしい。


決勝T カントナさん戦。
Twitter始めたころから相互関係はあった。
強い方とは知っていたがあまり絡みはなかったので正直うれしかった。
試合は最初出し勝ちし、引き見え見え過ぎて引かないでアドレッシブル行動まで読めたが、、、色々とビックリし過ぎて僕はリアル混乱した。
その後普通に負け。
しかしこういう舞台でポケモンができて楽しかった!
ちなみに初手僕は威張っていました!

試合後喋ってて、中身とか聞いてみたら、似たようなアレ(ボキャ貧)があったりしておもしろかった。
また、この試合を観戦していた方に
「僕も前使っていたのですがジャローダどんな型ですか?」
と声をかけて貰ったにもかかわらず、当日前日の二日しか使っていないためあまり詳しくなく
「○○耐え△△抜き余りCです」
位しか言えなかったのは反省。
ほか被与ダメージ量全く分からなかったw
でもその方はいえきのところを違う技にしていたらしく、それを聞くと僕のPT的に挑発や威張るもありだったのかもしれない #威張り過ぎ

 

 

 

~感想と今後~

chakeの派生とはいえども、自分で新しいPT作って勝てたのは初めてだったので喜びしている。
又、しゃで1-9から2週間程で、運が良かったとはいえども勝ち越すどころか予選抜けるとは思ってもみなかったので正直うれしい。
ただ逆に、今回の目標予選勝率5割、次回勝ち越し、その次予選抜けというプランを立てていたが、なんか一気に達成しちゃってすごく満足しちゃいそうのがアレだったが、話聞いた後カントナさんのPTを家で見直したら、勝ち方しっかりしてる、補完強い、初見殺し、と揃っていて
「このパーティめっちゃきれいや」
ってことに改め気づき、感動して俄然ゃるき出てきた。
次どこのオフに出られるかわからないが、次も頑張りたいと思いまーす。

 

 

 

~メモ~

ハイチュウあおリンゴ味が案外おいしかった。